夫婦別姓が叫ばれるようになってきたワケ|夫婦別姓のメリット・デメリット

最近夫婦別姓が話題になっているようです。

選択的夫婦別姓「理解」70% 早大と市民団体がネット調査

https://www.tokyo-np.co.jp/article/69191

 

日本に住んでいると夫婦同姓は当たり前ですよね。

しかし、「夫婦同姓」が義務なのは、先進国では日本が唯一らしいんです。

他の国々では、夫婦別姓を選択する夫婦はいるということですね。

よく考えてみると、他の先進国などは、夫婦別姓を選択できるのに、なんで日本は夫婦同姓が義務化しているんでしょうか?

 

そういえば、かんがえたことなかったなぁ~・・・

個人的には「夫婦別姓」「夫婦同姓」どちらもいいところがあるのかなと思っています。

なのでどちらかにしないといけない!ということもないのかな~と思っています・・・

【スポンサーリンク】

現状の日本の法律では認められていない

現状の日本の法律においては、夫婦別姓は認められていません。

そしてこの議論は、過去にも何度も話題になっているそうなのですが、現状(2020年11月時点)では改正する見込みもないそうです。

 

議論になっていることすら知らなかった・・・

世界では当たり前に変化していることが、日本では変化できない。

いかにも日本って感じですね。笑

僕は日本にしか住んだことがないため、世界のことはよくわかっていないので、日本を批判するつもりはないのですが、日本ってやはり世界からすると、変化を嫌うのが強いがしますよね。。。

選択的夫婦別姓が叫ばれるようになってきたワケ

なぜ夫婦別姓が叫ばれるようになってきたのでしょうか。

それにはこのような理由があるようです。

【スポンサーリンク】

手続きが大変

これは妻が言っていました。

結婚して、名字が変わると手続きがとにかくめんどくさい。。。

役所や会社でいろいろと手続きをして名前を変えないといけないのがとても大変だったそうです。

女性の社会進出が進んだから

今の時代、女性の社会進出が進んできています。

生産年齢人口(15~64歳)の就業率は,近年,男女とも上昇しているが,特に女性の上昇が著しい(I-特-1図)。

I-特-1図 就業率の推移

https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h29/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-00-01.html

女性の社会進出が進むと、先ほどの手続きが大変、という理由などで、女性の姓を変えるのは大変だという意見が増えるのは当たり前だと思います。

ちなみに、夫婦同姓がうまれたのは、明治31年の民法からだそうです。

やはり女性の社会進出が進んできた今の時代に合っていない考え方になってきているのかもしれないですね。

 

【スポンサーリンク】

女性が家庭に入るという考えが古い

その通りだと思います。

 

なんか女性が「男性の下」になるような気がしませんか?

「夫の家系に入れてもらった感」というか・・・笑

たしかに昔は、女性は結婚したら家庭に入るという考えが当たり前だったのかもしれません。

しかし、今の時代そんな考えを持つ夫婦もかなり少なくなっているのではないでしょうか?

厚生労働省の資料によると、昭和55年(40年前)と平成26年(6年前)で

約2倍共働世帯が増え、約2分の1専業主婦世帯が減っている

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201000-Roudoukijunkyoku-Soumuka/0000118655.pdf

というデータがありました。

昔と今では、夫婦の働き方や社会での立場が大きく変わっているはずなのに、考え方が変わらないのはおかしい気もしますよね?

 

 

夫婦別姓に反対する人たち

https://twitter.com/toshio_tamogami/status/1328843993862393864
 

田中さんの奥さんが鈴木さんで、鈴木さんの奥さんが田中さんで、田中さんの奥さんは鈴木さんの奥さんで、鈴木さんは田中さんで・・・・・・・・・

なんかよくわからない話になってきました。笑

これを見ると、やはり一定数の方が夫婦別姓に反対をしているようですね。

 

 

夫婦別姓のメリット

では夫婦別姓にすることでどんなメリットがあるんでしょうか?

夫婦別姓のメリット

女性側は名字を変えることによるめんどくささがなくなる

女性側の名字がなくならないで済む

不平等感がなくなる

女性の仕事へ与える影響が少ない

このメリットを並べてみると分かりますが、特に女性側にメリットがあるということが言えると思います。

男性側にとってのメリットは何かあるんでしょうか・・・

ちょっと思いつきませんでした。

女性にとってはいいことがたくさんあるのかもしれないですね。

そもそも「選択制」であれば、自分や夫婦間で考えて、どちらがいいか選べばいいので、その人たちの考え方で決めてしまってもいいのかもしれないですね。

わたしが思う、一番のメリットは、女性差別や女性蔑視がじゃっかん改善することです。

話が飛ぶように見えますが、「結婚=女性の改姓が当たり前」という慣習が女性の地位を低くしているのです。

「結婚して姓を変えること」は、「姓を上書きで塗り替えている」ように見えませんか?

つまり、結婚して姓を変えるのが女性に偏ってしまうと、「女性の姓はどうせ書き換えられるもの」と認識され、相対的に男性の姓のほうが価値があるように見えてしまっています。

「夫婦別姓」を20年間実践してみたら…… (ヨッセンス書房) Kindle版
ヨス  (著, イラスト) 

 

夫婦別姓のデメリット

逆に、夫婦別姓のデメリットとは何があるのでしょうか?

夫婦別姓のデメリット

第三者から見たとき、夫婦関係がわかりにくくなる

子供の名字をどちらにするのかという問題がでる

これまでの「家」という価値観がなくなってしまう

 

たしかに田中が鈴木で鈴木が田中でよくわからん!笑

たしかにややこしい問題は発生しそうです。

社会的にも理解を深めたり、制度を変えていく必要は出てきそうですね。

子供の問題ですが、たしかに子供から見たときに、他の友達は両親の名字が同じなのに自分の両親は違うということになると、いろいろと考えたりしてしまう子供もいるのかもしれませんね・・・

 

まとめ

正直、今までどちらでもいいんじゃない?と思っていましたが、調べてみると夫婦同姓が義務というのは時代にそぐわないような気もしてきました。

女性の視点から考えたときに、夫婦別姓も選択するとが出来るというのはいいことなのかもしれないですね。

これを実現しようとするにはいろいろと課題になることも多そうですが。。。

個人的には、いろいろな考え方や生き方が認められる世の中になっていくことは賛成です。

こういった話題が増えて、みんなで考えていくことが大切ですよね!

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

【スポンサーリンク】