【脱サラしたい人必見!】脱サラするために私たち夫婦が実践した5ステップを紹介します

毎日の仕事が憂鬱・・・
 
脱サラしたいけど、どうやっていいかわからない・・・
上手くいかなかったらどうしよう・・・
 
 

そんな悩みをお持ちの方は多いはず。

自分もそうでした。笑

 

この記事では、何の知識も技術もない私たち夫婦が、脱サラするために実践した5つのことをご紹介します。

 

 

【スポンサーリンク】

家計の見直し・徹底的なコスト削減

まず一番最初に取り組むべき内容がこれだと思います。

これが出来るか出来ないかで、脱サラのしやすさが大きく変わるとも言えます。

 

家計簿をつけて支出を把握する

 
お金を貯めたいから、安いスーパーに行って、1円でも安く食材を買わなくちゃ!

 

節約しようと思う人がよく考えることだと思います。

 

もちろん消費するものを安く買うことは節約につながりますが、それよりもまず初めに、何にどのくらいお金を使っているのか現状を把握すること、が何よりも大切です。

 

商品を安く購入することで、節約した気になっているだけでは意味がありません

そこでおすすめなのが家計簿をつけることです。

 

家計簿なんてめんどくさい!

というか方でも簡単に家計簿をつける方法があります!

 

それが「マネーフォワードME」というアプリを使うことです。

銀行口座やクレジットカードとの連携もできて、とても簡単に家計簿をつけることができます!

ぜひおすすめの家計簿になります。

 

日々の支出を把握することで、削減するべき無駄な支出見えてきます。

 

【スポンサーリンク】

固定費の削減

支出がきちんと把握出来たら、次に取り掛かるのは固定費の削減です。

固定費の削減は、支出を減らすのに最も大切な方法です。

 

固定費の削減をするうえで判断するポイントは

本当にそれが必要なのかどうか

です。

 

私たち夫婦が実践した固定費の削減はこのような内容です。

  • 格安の古民家を購入し、家賃を削減した
  • 2台持っていた車を1台売却、残っていたローンも一括で支払った
  • 夫婦二人とも、スマホは格安SIM
  • 保険は最低限の内容だけにした

主にこのように固定費を削減しました。

 

 

このように変更して思ったことは、全く困らない、ということでした。

 
 
たけし
スマホも普通に使えるし、何も困ったことはなかったね!
 
 
もかっぴ
無いなら無いなりに生活は出来るし、結局贅沢だったのかもね・・・
 
 
 
これによって、変更前には夫婦二人暮らしで約20万円ほどかかっていた生活費が、月6万円ほどまで削減できました。
これによって、家計が66%削減できました。
 
 

貯金

固定費が削減できれば、貯金がしやすくなっていきます。

 

私たち夫婦は、貯金専用の口座をつくり、そこに入っているお金には全く手を付けないようにしました。

 

その結果、脱サラしても何とか生活していけるだけの余裕を作ることができました。

 
たけし
引っ越しやらなんやらでいろいろと出費が重なったけど、二人でよく頑張ったよね・・・
 

ある程度の期間収入「0」であっても、生活と脱サラ後に挑戦したいことが継続できそうな状態を目指して貯金と生活費の計画をしました。

 

脱サラ後に安定した収入を得られるようになるには、時間もかかるため、まずは収入がなくても生活していける状態にすることで、精神的にも安定できます

 

【スポンサーリンク】

何でもいいので実績を作る

とはいっても、脱サラして収入が0という状態が続いてしまうと、生活が出来なくなってしまいます。

 

そこで次に取り組むべきなのは、

何でもいいので実績を作る

ということでした。

 

そこで私たちが取り組んだのは「物販」でした。

物販の最大の特徴は、とても再現性が高いということです。

 

例えば、一つの商品を販売して2,000円の利益が出るとします。

それを月に100個販売すれば、月利20万円になります。

あとは、その利益が出る商品の見つけ方や、100個など繰り返す方法がわかれば、誰にでも利益を生み出すことができるようになります。

 
そんな方法が分かれば苦労しないよ・・・
 

その通りです。

昔の自分もそう思っていました。

 

ここでは、これをやれば稼げます!という方法はご紹介しませんが、大事なことは

自分で調べて、自分で考えて、たくさん行動と失敗を繰り返すことだと思います。

 

そうして私たちはまず物販で実績を作り、会社に所属しなくても収入が得られる感覚を経験しました。

 

 

脱サラして本気でやりたいことを考える

脱サラをすると、いい意味でも悪い意味でも本当に自由です。

だらけようと思えばいくらでもだらけられます。

 

だからこそ、本気でこれをやりたい!と思うことが必要だと思います。

 

私たちは

  • 時間や場所にとらわれない生き方をしたい
  • 自分たちの好きなこと、やりたいことをしたい
  • 古民家を自分たちでリノベーションして、好きな家にしたい
  • 出来ることなら働きたくない!笑

 

これらを本気で実現したいと思い、移住を決め、古民家を購入し、自分たちでリノベーションしながら生活していくことを選択しました。

 

 

あとはやるだけ!!笑

私たちがやろうと思っていることが、上手くいくのかは誰にもわかりません。

ですが、上手くいく保証がないからやらない、というのではいつまでも何もかわりません。

 

失敗を恐れていては、何も変わらないのです。

 

 

人間にとっての成功とはいったい何だろう。

自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、

努力したかどうか、ではないだろうか

夢がたとえ成就しなかったとしても、

精一杯挑戦した、それで爽やかだ。

「自分の中に毒を持て」岡本太郎著 より引用

この岡本太郎さんの言葉は、あの有名YouTuberのマコなり社長も学生時代に大きく影響を受けた言葉だそうです。

私もとても影響を受けました。

 

 

 

最後に必要なのは行動に移す勇気です。

失敗したとしても、何度でもやり直せばいいんです。

行動に移すことが出来たら、あとはもうやるだけです笑

 

やらないといけない、やりたいというモチベーションが、会社員時代のそれとは大きく違います

なぜなら、自分が本当に心からやりたいと思っているからです。

 
 
もかっぴ
私たちは完全に「背水の陣」状態になってしまったので
やるしかなくなっちゃいました。笑
 
 

 

もちろん人間なので、休みたくなることもありますし、だらけてしまうこともあります。

そこはオンオフをしっかり分けて、休養も取りながら取り組んでいくのがいいのではないかと思います。

 

 
たけし
健康は何よりも大切なので、健康第一で頑張ろう!!

 

 

まとめ

以上が私たち夫婦が脱サラするために実践した5ステップです。

 

会社員として生きることを否定するつもりは全くありません。

しかし会社員時代、もかっぴはよく仕事から帰ってくると仕事のストレスで泣いていました。

 
たけし
こんなに泣いて我慢してまで、頑張り続ける必要が本当にあるのか・・・?
自分たちは何のために働いているんだろう・・・

 

 

会社員として働き続けることに疑問を感じるようになり、二人のやりたいことをして生きていこうと決めました。

 

会社員として、いろいろなものに縛られながら、不満を持ちながら生きていくことが嫌だという方は、脱サラして自分の人生を生きる!というのもいいのではないかと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【スポンサーリンク】